ベジーマンデー・ジャパン

「週一べジー」国際運動に参加して地球を守りましょう!
 
ベジーマンデー大使
摩耶さんも推奨!


海外の動き

英国、「お肉へ課税と畜産業への助成金廃止」を求める市民(2015.12.4)

米オハイオ州ウィロビー・イーストレイク学区が「肉なし月曜日」導入!(2015.11.30)

国連、2016年は「国際豆年(インターナショナル・イヤー・オブ・パルシズ)」宣言!(2015.11.22)

テキサス大、バーベキュー肉は腎臓ガンのリスクを高める(2015.11.15)

フィンランド、お肉なしの気候フレンドリー・ミールが人気!(2015.11.9)

オランダの小学校、生徒たちが料理する菜食ランチを導入!(2015.11.4)

WHO発表「加工肉はたばこと同等の発がん性物質」(2015.10.26)

ガーナが「肉なし月曜日」運動公式導入(2015.10.26)

新刊『Meat the Future』、お肉を減らせば10億人以上支えられる!(2015.10.24)

カリフォルニア州ロンポク統一学区が「肉なし月曜日」導入(2015.9.7)

アリゾナ州テンピ市が「肉なし月曜日」導入(2015.8.24)

スウェーデン、環境団体が食肉税導入の署名集めを開始(2015.7.22)

ベルギー、アールスト市が9月より「菜食の木曜日」公式導入!(2015.7.22)

米オレゴン州、科学者がベーコン風味の海藻を開発!(2015.7.15)

スウェーデン、「べジーデー」導入自治体は33%急増の40%に!(2015.6.18)

ワールド・ミート・フリー・デー第一回開催!(2015.6.15)

伊、ローマの高校が「ミートフリーデー」教育(2015.6.7)

米、ロングビーチ市議会が「肉なし月曜日」支持(2015.6.2)

英、マージーサイド州の30校が「肉なし週間」に参加(2015.5.21)

ブータン王国が「肉なし月間」導入(2015.5.19)

ブラジルのホテル・ファゼンダサンタカタリーナがベジタリアンメニュー導入(2015.4.12)

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンが「肉なし月曜日」導入(2015.3.25)

ローザンヌ市が「菜食の月曜日」導入決定、9月施行(2015.2.21)

ニューヨーク市が「肉なし月曜日」導入へ検討開始(2015.1.22)

オックスフォード大学リージェンツ・パーク校が「肉なし月曜日」導入(2015.1.21)

ベルギー、コルトレイク市が「菜食の木曜日」導入(2014.11.20)

ベルギー、エーフェルゲム市が「菜食の木曜日」導入(2014.10.29)

COP21で週一ベジー!シュワルツネッガー氏も菜食を提唱!
  11月30日からから12月11日まで、COP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)がフランス・パリで開催されました。  そして「週一ベジー国際運動(ミートレスマンデー、ミートフリーマンデーなど)」各国代表の有志もここに集結しました。
  さて、その成果は?  出席されていたシュワルツネッガーさんが菜食を呼びかけてくれたことです!(2015.12.26)

    詳細はぜひこちらをお読みください!

オランダの小学校が子供たち自身が作る菜食ランチを導入!
  オランダのある小学校が、子供たちが自分たちで昼食を調理する、というプロジェクトを導入しました。しかもそのメニューはベジタリアンです!さすが文化先進国のオランダ、画期的な企画ですね。欧米各国の学校がより健康的で環境にも配慮したベジタリアン給食の導入に向かう中、この学校はさらに一歩踏み出してくれました (2015.12.6)

    詳細はぜひこちらをお読みください!

学生たちからのメッセージ「ベジーマンデービデオ」完成!
 

  ベジーマンデーのプロモーションビデオができました!
  東京大学、京都大学のヴィーガンメニュー導入に続いて、一橋大学北里大学、そして今度は筑波大学の学生さんたちが動き始めました!学生さんたちをサポートすべく社会人の皆さんも応援!
  筑波大、一橋大では、現在メンバーも募集中、イベントなども行われているようですので、ぜひサイトをチェックしてみてくださいね!(2015.6.4)

    new!筑波大学ベジプロジェクトはこちら!

  今週のベジーレシピ

週に一度、私たちの健康のためだけでなく、地球環境のために
「月曜日は菜食の日」にする国際運動に参加しましょう!

★工程がわかりやすいと人気☆Hiromi先生の「すぐベジ!」レシピをご紹介します!

  れんこんのフィッシュフライ風


  エリンギと大葉の和風醤油パスタ


  きなこバナナパンケーキと豆腐クリーム
 
  Hiromi先生のすぐベジ!  

       ポール・マッカートニー氏からのメッセージです!

  1人1人が週に1日菜食にすると、どれほど環境負荷を減らすことができるか、皆さんご存知でしょうか?実は、1人が1年間毎週1日お肉をやめるだけで、車の走行を1700km節約したのと同じ効果があるのです。これは400kgの温室効果ガスを抑制するのと同じです 。1)   21世紀の今、最も簡単で最も効果が高く、そして誰にでもできる地球を守る方法、それが菜食なのです。

  2006年、国連は「畜産が環境汚染の最大の要因となった」と発表し、デブア国連事務局長は、環境汚染を防ぐために『週一ベジー』を提案しました。 その後欧米の各地で週一ベジーデイ運動が起こり、 都市や学校が次々に『菜食の月曜日』を導入し始めています。
  さあ、私たち日本人も、週に1日菜食を取り入れて地球を守りましょう!

      1) Apres les vendredis, les Lundis sans viande (2010/3/2, Cyberpresse)


お知らせ

new!
犬猫保護活動家&ベリーダンサーの稲葉優さんにインタビュー
(2015.11.10)


new!
ガーナが「肉なし月曜日」公式開始! (2015.11.1)



ポール・マッカートニー氏が環境チャリティソング発表! (2015.9.13)



米ロングビーチ市議会「肉なし月曜日」支持! (2015.7.26)


韓国ソウル市、150の学校・施設が週一べジー導入!
(2015.6.24)


スウェーデン、4割の自治体が菜食日導入!
(2015.6.23)


ブータンが「肉なし月」導入!
(2015.6.14)


学生たちからのメッセージ!(ベジーマンデーPR動画)
(2015.6.4)


北里大3年生 山田ダリ明広さんにインタビュー!
(2015.4.10)


ブリティッシュパブ・ホブゴブリンがベジーマンデー!
(2015.3.28)


ヴィーガン歴10年東大生にインタビュー!
(2015.2.15)


京大がヴィーガンメニュー常設化!
(2015.1.10)


川野陽子さんにインタビュー!
(2015.1.10)


坂本あゆみ監督にインタビュー!
(2014.8.17)